クリスマスケーキ通販予約情報~デパート、有名店

大丸 クリスマスケーキ 予約
>>> ◆大丸 2011クリスマスケーキ詳細はこちら
>>> ◆高島屋2011クリスマスケーキ特集
>>> ◆三越伊勢丹のクリスマスケーキ2014詳しくはこちら
>>> ◆2011伊勢丹のクリスマスケーキ詳しくはこちら
>>> ★楽天市場の人気クリスマスケーキ予約2014特集はこちら

クリスマスケーキの由来や、世界のクリスマスケーキの情報やクリスマスケーキ通販予約情報他、おいしいクリスマスケーキのデパート情報についても紹介します。

これから12月にかけて本格的なクリスマスケーキの予約が始まります。おいしい、有名店やデパートのクリスマスケーキもいろいろ紹介いたします。

【大丸の人気売れ筋クリスマスケーキ情報】まだ予約注文受付中!
第1位・<マキィズ> モンブランショコラ
チョコレートスポンジで、ベルギー産チョコのガナッシュクリームとフランス産マロンクリームをサンド。
※ケーキは冷凍でお届けします。ご自宅にて冷蔵解凍のうえ、召し上がってください。
■1個:径約15cm
■限定数:30
■お届け日:12月22日(木)→25日(日)のご指定日
 (※お届け時間のご指定はできません。)
■解凍時間:冷蔵解凍 4~5時間

>> <マキィズ> モンブランショコラ
第2位・<ガレー> オランジェット・フラーメ
濃厚なビターチョコのムースをチョコレートスポンジでサンド。表面は艶やかにグラサージュしました。
※ケーキは冷凍でお届けします。ご自宅にて冷蔵解凍のうえ、召し上がってください。
■1個:約15cm
■限定数:50
■お届け日:12月22日(木)→25日(日)のご指定日
 (※お届け時間のご指定はできません。)

>> <ガレー> オランジェット・フラーメ
第3位・<BABBI> ジェラート ディ ナターレ2011
人気のピスタチオと甘酸っぱいいちごのハーモニーを楽しめるアイスケーキです。
※アイスクリームケーキですので解凍せず召し上がってください。
■1個:約15×6cm
■限定数:20
■お届け日:12月22日(木)→25日(日)のご指定日
 (※お届け時間のご指定はできません。)

>> <BABBI> ジェラート ディ ナターレ2011
第4位・<キル フェ ボン> 新潟県しろね産“ル レクチエ”のタルト
新潟県しろね産“ル レクチエ”(洋梨)のコンポートを、アーモンドクリームとともに焼き上げた贅沢なタルト。
※ケーキは冷凍でお届けします。ご自宅にて冷蔵解凍のうえ、召し上がってください。
■1個:約15cm
■限定数:30
■お届け日:12月22日(木)→25日(日)のご指定日
 (※お届け時間のご指定はできません。)

>> <キル フェ ボン> 新潟県しろね産“ル レクチエ”のタルト
第5位・【タツヤ・カワゴエ】 プ・リーン(芳醇カスタード風味のアイスケーキ)
人気の川越シェフ監修のプリン風味のアイスケーキです。
※アイスクリームケーキですので解凍せず召し上がってください。
■1個:径約15cm
■限定数:40
■お届け日:12月22日(木)→25日(日)のご指定日
 (※お届け時間のご指定はできません。)

>> 【タツヤ・カワゴエ】 プ・リーン(芳醇カスタード風味のアイスケーキ)

スポンサードリンク

クリスマスケーキ通販予約の新着情報

イタリアのクリスマスケーキ~パネトーネ

パネトーネ ( panettone) は、イタリアの伝統的な菓子パンの一つでミラノ発祥のクリスマス菓子です。
今ではイタリアのみならず、世界中でクリスマスに食べられている有名なお菓子です。
イタリア語では「パネットーネ」と発音したほうが近いかもしれません。

>>> ★2011楽天市場クリスマス限定のパネトーネ通販はこちらから

パネトーネ種の酵母を用いてゆっくり発酵させた、卵たっぷりのブリオッシュ生地の中に、プラム、レーズン、オレンジピールなどのドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げた、風味豊かな甘くて柔らかなドーム型の菓子パンのことです。

以前はクリスマスの前4週間(待降節)には、各家庭で焼かれ親族や友人に配る習慣がありましたが、最近はパン屋さんで購入する傾向にあるようです。クリスマス時期になるとスーパーマーケットなどでも、素敵なパッケージに入ったものが多く販売されています。

パネトーネは、イタリアの自然酵母パネトーネ種を使用するのが正式ですが、現在のイタリアのレシピでは、ほとんどドライイーストを使うものばかりになっているようです。
やはり家庭で本格的に作るには、手間がかかるからでしょうか。

パネトーネという名前の由来も諸説あり、ひとつは「大きなパン」という意味です。
ほかに「アントーニオという職人が焼いたパン」だからという説も一般的です。アントーニオの愛称である「トーニ」のパンという意味のパーネディトーニ(pane di toni)が訛ったとものとされています。

賞味期限は長く、大体6ヶ月位はもちますが、伝統的に販売期間が限られており、やはりクリスマス時期のお菓子なのですね。

本物のパネトーネに使われている独特の味わいと歯ざわりの決め手となるパネトーネの酵母は、扱いが非常に難しく、専門的な技術も必要なためにイタリア国外での製造は難しいようです。

日本でよくあるデコレーションされたクリスマスケーキとは趣が違い、どちらかといえば地味な外見ですが、素朴な中にも深い味わいのあるイタリアの伝統銘菓です。

>>> ★2011楽天市場クリスマス限定のパネトーネ通販はこちらから


イギリスのケーキ~クリスマスプディング

イギリスの伝統的なクリスマスケーキといえば、クリスマスプディング (Christmas pudding)ですね。プラムプディング (plum pudding) とも呼ばれます。

はるか昔の大航海時代に船のコックが、余った食材とパンくず、小麦粉、卵などと混ぜて蒸し焼きにした保存食を発明したのが始まりと言われています。

>>> ★2011楽天市場クリスマス限定のクリスマスプディング通販はこちらから

味や食感は私たち日本人が想像するプリン=カスタードプディングとは程遠く、強いて言えば蒸し焼きにした「具だらけのケーキ」のようなものでしょうか。

イギリスのクリスマスの食卓に必ず出てくるものの一つで、大きくて茶色いフルーツケーキといえば近いと思います。

プディングの中に指輪やコインなどの小物を混ぜ込み、切り分けられたときに当たった人の運勢を占うといった趣向を凝らすことも。
おみくじ入りのフォーチュンクッキーと同様ですね。

そもそも日本で「プリン」と呼ばれているカスタードプディングはフランス生まれ。だからイギリスのプディングとは全く別物なんです。

市販のものもありますが、イギリスには各家庭の味とレシピがあり、相当のこだわりがあるようです。この点、日本人にとっての「お雑煮」のような位置づけかもしれません。

そういえば、ハリーポッターの映画の中にもクリスマスプディング(プラムプディング)が登場していたような。。。

☆簡単に作り方をご紹介しましょう。

・生パン粉と小麦粉。
・「ミンスミート」と呼ばれる牛脂もしくはバター
・卵、砂糖。
・ブランデーやラム酒などにつけて柔らかくしたドライフルーツ
・クルミなどのナッツ類
・香辛料ナツメグ、シナモン、クローブなどのスパイス類

以上の材料を混ぜ合わせて一晩寝かせ、型に流し込んで蒸します。

蒸しあがったものは数日から数ヶ月熟成します。熟成期間が長いほどおいしいという説もあり、「クリスマスプディングを食べ終わったらすぐに、来年のクリスマスプディングを作り始める」とか。
それほど長いのは極端な例ですが、だいたい10月ごろから準備をすることが多いようです。


☆クリスマスプディングのいただき方

食べる前に再度蒸し直します。熱したブランデーをかけて火をつけてテーブルの周りを一回りし、切り分けてブランディーバターを添えていただくのが正式なやり方。
好みでホイップクリームやカスタードクリームを添えて食べる場合もあります。

ただし、日本人の味覚には、やや馴染みにくいお味かも。。
1度食べたら充分だ という感想も良く聞きます。
とはいえ、昔からのイギリスの伝統のお菓子、試してみたいですね。

>>> ★2011楽天市場クリスマス限定のクリスマスプディング通販はこちらから

ドイツのクリスマスケーキ~シュトーレン

シュトーレン(Stollen)は、ドイツのアドヴェント(クリスマスシーズン)になくてはならないお菓子です。

日本では一般的に「シュトーレン」と呼ばれていますが、ドイツ語での一般的な発音は、伸ばさないで「シュトレン」と言います。

クリスマス前の4週間の期間である「アドヴェント」には、イエス・キリストの生誕の日が近づいた というお祝いをします。その際、身内や身近な友人と一緒にシュトーレンを薄く切って賞味するのが伝統です。

ドイツではクリスマスと言えばケーキではなく、シュトーレンであると言えるほど、欠かせないクリスマスのお菓子です。
実際の製法的には「パン」と言っても良いでしょう。

>>> ★2011楽天市場クリスマス限定のシュトーレン通販はこちらから

ブランデーやラム酒などに浸けておいたドライフルーツやマジパンを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた細長いイースト菓子です。
表面には粉砂糖がたっぷりかかっています。
かなりどっしりしているので、薄く切って食べてください。

しっかりと重くて日持ちがする、パンというよりはお菓子、ケーキとして食べられるものです。
ケーキ店で買ったり、自宅で作るほか、クリスマスマーケット(露店)で買う事も多く、大きさも色々選べます。

シュトーレンという名前は「坑道」を意味し、トンネルのような格好をしているためについたと言われています。
粉砂糖をたっぷりまぶしている様子が、幼子イエスを産着で包んでいる姿にも見たてられているそうです。

ドイツ全土にありますが、旧東ドイツ ザクセン州のドレスデンが、シュトーレン発祥の地だとされています。

作ってすぐ食べるよりも、2~3週間待って食べるのがお勧めです。
熟成の味の違いを実感することとなります。ラム酒とマジパンの風味が程よく馴染んだ生地の美味しさや、熟成された味の違いを実感できることでしょう。

>>> ★2011楽天市場クリスマス限定のシュトーレン通販はこちらから


【デパートの人気、オススメ「クリスマスケーキ」が選べます】
三越のクリスマスケーキ 大丸クリスマスケーキご予約承り中
>>> 高島屋のおせち料理 2012 >>> 2011年三越クリスマスケーキ予約 >>> 2011大丸クリスマスケーキご予約
伊勢丹 オンラインショッピング 「クリスマスケーキ」 小田急オンラインショッピング
>>> 2011伊勢丹のクリスマスケーキ      >>> 2011年近鉄のお歳暮 >>> 2011年小田急のお歳暮

スポンサードリンク

【クリスマスケーキに関する新着情報】
フィード